時代を築いた名馬”セイユウ”

時代を築いた名馬”セイユウ”とは

サラブレッド系種が主流である競馬界において、セイユウは珍しいアングロアラブとして活躍した競走馬です。スピードを追い求めるあまり繊細なサラブレッドに対し、アングロアラブはアラブ種との混合種として身体の頑丈さを加えた品種となっており、セイユウはアングロアラブの中でも重賞獲得に成功した名馬と言えるでしょう。
セイユウはイギリスで調教を受けたライジングフレームを父馬に持ち、 弟猛を母馬に持ちます。父馬であるライジングフレームは競走馬時代に好戦歴を残し、種牡馬となってからはセイユウのほか、ライジングウイナーやシュンエイ、ヒシマサルなどの名馬を輩出しました。
ライジングフレームの血統を継ぐセイユウは、馬主として河野通、調教師としては稲葉秀男を迎え、1956年にデビューを果たします。

時代を築いた名馬”セイユウ”の活躍

初戦はアラブ系オープンで2着となり、アングロアラブ系の競走馬が競う読売カップ(春)では圧倒的な強さを見せて1着を飾っています。その後もアングロアラブ系のレースでは勝利し続け、サラブレット系も出走する七夕賞においても1着になりました。セイユウの経歴の中でも名勝負として知られるセントライト記念では、ラプソデーやギンヨク、セルローズなどの強敵を破り、周囲の予想を覆し、見事に1着を獲得しました。

その後もアングロアラブ系としてサラブレッドへの挑戦を続け、オールカマーにも出走しています。最後のレースとなったのは秋の天皇賞で、6着の結果を残したものの、当時のセイユウは種子骨を骨折する怪我を負っており、このことが成績が振るわなかった原因であるとされています。

通算成績は49戦26勝、しかしながらこのうちサラブレッド戦は24戦5勝と、サラブレッドに挑み続け、その生涯に華やかな競走成績を築いたアングロアラブの名馬です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です