時代を築いた名馬”メイヂヒカリ”

時代を築いた名馬”メイヂヒカリ”とは

1950年代に活躍したメイヂヒカリは、父馬としてクモハタ、母馬はシラハタ、母馬の父はイギリス産の名馬プリメロです。プリメロは競走馬としての現役時、アイリッシュダービーなども制したサラブレッドで、現役引退後は産駒となり、後に活躍する名馬を多く輩出しました。メイヂヒカリもまたプリメロの血統として馬主である新田新作に期待をかけられ、調教師である藤本冨良の調教を受けるうちに馬体の体格の良さなどが注目を浴びるようになりました。

時代を築いた名馬”メイヂヒカリ”の生い立ち

3歳となった1952年に中山競馬場で初戦デビューを飾ると、周囲の予想通りの勝利を飾ります。当時競馬ファンの中でも期待されていたイチモンジ、ケゴンとともに、朝日杯3歳ステークスなどでも人気を博しました。

1955年に4歳になるとスプリングステークスに出走しますが、観客に1位人気に選ばれつつも、残念ながらこのレースでは5着に甘んじます。この後、メイヂヒカリの右足に故障が発覚、これが不調の原因であったともされています。

怪我からの復帰後には毎日王冠やオールカマーに出走、2着、優勝とそれぞれに戦歴を残し、菊花賞でもライバルを抑えて圧勝しました。菊花賞出走時、メイヂヒカリのライバルとされていたのはオートキツで、場内のファン人気としてはオートキツが1位、メイヂヒカリは2番人気でした。

時代を築いた名馬”メイヂヒカリ”の活躍

5歳となった1956年も天皇賞で圧勝、最後のレースとなる中山グランプリでも強さを見せつけて日本レコードを記録しました。メイヂヒカリは中山グランプリを最後のレースとして競走馬を引退しましたが、引退後には種牡馬としてその血統からハーバーヒカリやブラックメイジなどを産出、さらに競走馬時代の競走成績を称えられ、1990年に顕彰場としての表彰を受けています。経歴は生涯にわたり華やかで、通算成績は21戦16勝となっています。