時代を築いた名馬”クモハタ”

時代を築いた名馬”クモハタ”とは

クモハタは、第二次世界大戦中には競走馬として、戦後には種牡馬として活躍した馬です。
経歴について述べると、クモハタは1936年に下総御料牧場で生まれ、2歳のときのセリ市で、後に三冠馬セントライトの馬主として知られるようになる、実業家の加藤雄策によって落札されました。そして、この年の秋に田中和一郎調教師のもとに預けられました。調教は順調にすすみ、陣営は3歳に入った頃にはデビューできると予想していましたが、間近になった頃に4本の脚すべてに蹄叉腐爛を発症し、休養を余儀なくされました。結局デビュー戦は目標レースである東京優駿のわずか8日前に行われた新呼馬戦となりましたが、そのレースでは2着に敗れてしまいました。

時代を築いた名馬”クモハタ”の活躍

しかし、初戦から5日後に再度新呼馬戦に出走して勝利をおさめた後、馬主の加藤はクモハタを東京優駿に出走させることを決めます。東京優駿直前の体調は栄養剤入りの豆乳を鼻から流し込まなければならないほどに悪く、当日も出走20頭中の8番人気と低評価でしたが、レースではあえて馬場状態の悪い内ラチ沿いの進路をとった戦法が功を奏し、2着に1馬身の差をつけて優勝しました。クモハタのデビューから東京優駿を制するまでの期間は史上最短記録であり、今のルールでは破ることはできない記録となっています。

時代を築いた名馬”クモハタ”の戦歴

クモハタの戦歴において代表的なエピソードは上記の通りです。クモハタはその後18戦して7勝しましたが、当時の大競走の一つであった帝室御賞典は2度出走したものの、勝つことはできないまま21戦9勝の競走成績で引退しました。
クモハタが名馬といわれるのは競走成績より種牡馬としての通算成績の方が優秀であるためです。クモハタ産駒は現在のG1相当の競走を17勝し、1952年から6年連続でリーディングサイアーとなるなど、戦後の日本競馬界で大きな足跡を残しました。その功績が認められて、JRA顕彰馬の第1回選考で選出されました。

競馬予想と馬の関係

競馬予想には馬の情報が欠かせません。さらに、重要になってくるのは血統。ですが競馬初心者が血統を知ることは非常に難しい状況になってきています。インターネットの情報はまず、メディアに踊らされた情報ばかりですし、未確定の情報ばかりです。こんな時頼りになるのが、業界関係者の情報です。業界関係者は馬の生まれてから調教され競馬デビューするまでの情報を正確に得ることができる唯一の人々です。その方々が情報を流すのは競馬予想サイトとなるわけです。ではこの競馬予想サイトで本物の情報を扱うサイトはどの程度あるでしょうか?実は非常に一部の限られたサイトしか本物の情報は流れていきません。その本物の情報を扱っている競馬予想サイトを比較したサイトをご紹介します。初心者の方は是非活用してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です